『ダ・ヴィンチ絵画の謎』斎藤泰弘著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダ・ヴィンチ絵画の謎』斎藤泰弘著

[レビュアー] 産経新聞社

 名画『モナリザ』は一体誰なのか。なぜ、ほほ笑みをたたえていて、荒涼とした左右の背景がつながっていないのか…。こうした疑問に答えていく。

 鏡文字で書かれたダ・ヴィンチの手稿を研究、その世界観を知り尽くした著者。俗説を退けながら現存する主要な絵画のテーマや来歴について、ダ・ヴィンチ自身の観点に立って解説していく。

 上質紙を使用しているので、あまた作品ごとの美しさが際立つ。冒頭の問いに戻ると『モナリザ』は女装したダ・ヴィンチ自身、ではなかったのかといった“解説”が次々と登場する。(中公新書・1000円+税)

産経新聞
2017年4月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加