人生の「後半戦」を前になぜ「キリスト教」カウンセリングなのか

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の後半戦とメンタルヘルス

『人生の後半戦とメンタルヘルス』

著者
藤掛 明 [著]/斎藤 友紀雄 [監修]/賀来 周一 [著]/キリスト教メンタルケアセンター [著]
出版社
キリスト新聞社
ISBN
9784873957128
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

人生の「後半戦」を前になぜ「キリスト教」カウンセリングなのか

[レビュアー] キリスト新聞社

 コラージュ療法などを駆使しながら、牧師や信徒のメンタルヘルスについて提言を続けてきた著者が、教会での講演などをまとめた約10年分の集大成。
 「牧師ほどストレスに満ちた仕事はない」「自分の弱さを受け入れている人こそ、本当に強い」「小さな喜びやささやかな希望に目をとめることは、信仰者として大切な生き方であるし、究極のメンタルヘルスの姿」「光の世界を求めるばかりで、自分の影について認めないということが問題」など、臨床心理士としての体験に基づいた至言にあふれている。
 随所に聖書の記述が引用されており、なぜ「キリスト教」カウンセリングなのかという問いの答えも自ずと見えてくる。
 「信仰があれば心理学の力を借りる必要はない」と豪語する人、人生の「後半戦」をこれから迎えようとしている人こそ必読。

キリスト新聞
2017年3月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

キリスト新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加