『葬られた文部大臣、橋田邦彦 戦前・戦中の隠されてきた真実』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬られた文部大臣、橋田邦彦

『葬られた文部大臣、橋田邦彦』

著者
高橋琢磨 [著]
出版社
WAVE出版
ISBN
9784866210568
発売日
2017/03/21
価格
2,052円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『葬られた文部大臣、橋田邦彦 戦前・戦中の隠されてきた真実』

[レビュアー] 産経新聞社

 橋田邦彦という人物をあまりご存じではない読者もおられるだろう。明治初期から昭和20年までを生きた、一流の科学者であり教育者でもあった。

 本書は橋田が世界的科学者を数多く育て、科学立国日本を拓(ひら)いた男として描きつつ、政治の世界に引き出された背景に言及する。そして、近衛・東条内閣の文部大臣を務めながらも「歴史から消された真相」を暴こうとする。

 時代の描写を重ね合わせ、運命に翻弄された人生を生々しく浮かび上がらせる。とりわけ橋田をめぐる第二次大戦時の「昭和」の記述が、読者を引きつけるだろう。(高橋琢磨著/WAVE出版・1900円+税)

産経新聞
2017年4月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加