「雌豹になる方法を教えてください」 宇多丸とジェーン・スーが難問・珍問に答える

対談・鼎談

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライムスター宇多丸の映画カウンセリング

『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』

著者
宇多丸 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103505617
発売日
2016/11/30
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』刊行記念対談】そうだ! 宇多さん、スーさんに聞いてみよう

寄せられた難問・珍問に、相談マスターの二人はどう答える?

宇多丸さんとジェーン・スーさん
宇多丸さんとジェーン・スーさん

宇多丸 今回、私が本を出しまして。

ジェーン・スー おめでとうございます。

宇多丸 すみません、恥ずかしながら。『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』という、相談者の悩みに映画を使って答えるという本なんですけども。それで、皆さんよくご存知な相談スキルを持つジェーン・スーパイセンに学びたいなというのもあって……。

スー パイセンとかやめて下さい(笑)。宇多丸さんの方が先輩なんですから。

宇多丸 それで今回、来場者の方々から事前にお悩みを頂戴したんです。でもスーさんによると、回答は全て二種類に収斂されていくという。

スー 怒られるわ!

宇多丸 いいよいいよ。みんな気が楽になると思うので言っちゃって下さい。

スー そうですか? まず、一つ目は「ヒマだから」(笑)。

宇多丸 そんな悩みが出てくるのは、あなたがヒマだからだ、と。もう一つは?

スー 「それは悩みではなく、あなたのワガママです」。

宇多丸 どっちも結構バッサリ(笑)。

スー 悩んでるふりをして、我を通したいだけっていう方が結構な数いまして。

宇多丸 何で私のこの思い、わかってくれないの?と。なるほどね。今回の回答はその二つということで。

スー いや、終わっちゃったじゃないですか(笑)。ちゃんとやろう、ちゃんとやろう。まず最初のお悩みです。

新潮社 波
2017年5月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加