『訳せない日本語 日本人の言葉と心』大來尚順著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訳せない日本語

『訳せない日本語』

著者
大來尚順 [著]
出版社
アルファポリス
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784434232602
発売日
2017/04/29
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『訳せない日本語 日本人の言葉と心』大來尚順著

[レビュアー] 産経新聞社

 「いただきます」「お疲れさま」…。英語に訳そうとしても伝わりにくい日本語がある。著者は僧侶で通訳・翻訳の仕事もしており、うまく訳せない日本語の背景には独自の文化があると記す。

 「つまらないものですけど」。外国人から日本人は贈り物をする際、なぜそう言うのかとよく質問される一例だ。本書には、〈人に差し上げる物を指しているのではない〉とある。自分を日頃から支えてくれている相手の手助けに比べれば…という意味だとか。

 普段、何げなく使っている日本語の深みや日本人の精神を知ることができそうだ。(アルファポリス・1200円+税)

産経新聞
2017年4月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加