【児童書】 『ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ

『ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ』

著者
バーサンスレン ボロルマー [イラスト]/中川 素子 [著]
出版社
小学館
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784097267072
発売日
2017/03/13
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】 『ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ』

[レビュアー] 木ノ下めぐみ

 ■本当のことを見極める

 さまざまな動物に生まれ変わりながら、善行を積み重ねた釈迦の前世を描いた547の説話「ジャータカ」。その中から、ライオンだった頃の釈迦が、あわて者のウサギに、物事を正しく見極めるよう諭す物語が絵本になった。

 大きな物音を聞いたウサギは「世界が壊れる音に違いない」と思い込み、一目散に逃げ出す。つられた森の動物たちも右往左往し、大騒ぎに。ライオンがみなを落ち着かせ、騒動の出所をたどると、「世界が壊れる音」の正体は-。

 仏教教義だけでなく生きる上で大切な教訓が込められたジャータカをもとに、「知恵」や「敬愛」「命」などを伝えるシリーズの第1弾。動物がページいっぱいに駆け回る愛らしい絵と相まって、子供が親しみやすい内容となっている。

 自らの知恵をもって冷静に物事を見極めるのは大切なことだが、難しい。インターネットなどで誤った情報がまことしやかに氾濫する現代社会にも通ずる教訓は、子供に読み聞かせながら大人も胸に刻んでおきたい。(中川素子・文、バーサンスレン・ボロルマー・絵/小学館・1400円+税)

 木ノ下めぐみ

産経新聞
2017年5月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加