【話題の本】手芸本で異例の大ヒット 『犬ぽんぽん』trikotri著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬ぽんぽん

『犬ぽんぽん』

著者
trikotri [著]
出版社
誠文堂新光社
ジャンル
芸術・生活/家事
ISBN
9784416517352
発売日
2017/03/09
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【話題の本】手芸本で異例の大ヒット 『犬ぽんぽん』trikotri著

[レビュアー] 永井優子

 毛糸を巻いた「ぽんぽん」で表情豊かな動物を作ろうというシリーズが、手芸本としては異例の大ヒットを記録している。昨年2月刊行の1作目『動物ぽんぽん』は発行部数14万3000部。題材を犬だけに絞った『犬ぽんぽん』も、発売2カ月で3刷5万部と好調だ。

 担当編集者の古池日香留さんは、trikotri/黒田翼さんの作品を初めて見たときの衝撃を、「布が合わさっている縫いぐるみと違い、動物の毛の生え方のようですごいリアル。それでいて少しとぼけた感じもあって、表現が絶妙だった」と話す。ぽんぽん手芸は以前からあったが、大胆にカットして輪郭を整え、羊毛フェルトの技法を組み合わせるなど、「ここまで進化できるんだという発見が、みんなの感動を呼んだのでは」。

 近年、手軽に作品を売買できるインターネットサイトの利用者も増え、ハンドメードに注目が集まっている。「作家として1作目を出すのは簡単になった気がするが、2作目を出せる人は限られている」(古池さん)。『犬ぽんぽん』では前作より使用する毛糸を細くして、より細かな表現にこだわっており、手芸慣れしている人に好評だという。(誠文堂新光社・1200円+税)

 永井優子

産経新聞
2017年5月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加