『諦めない女』桂望実著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

諦めない女

『諦めない女』

著者
桂望実 [著]
出版社
光文社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784334911584
発売日
2017/04/17
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『諦めない女』桂望実著

[レビュアー] 産経新聞社

 小学1年、6歳の沙恵は学校帰りに母親・京子とスーパーで買い物中に突然姿を消す。事件か、事故か-。行方がわからぬまま数年がたち、父親をはじめ周囲のだれもが沙恵のことを忘れようとするなか、京子だけは諦めることなくわが子の帰りを待った。「沙恵は生きている。私にはわかるのよ。母親だもの」

 事態はやがて急展開し、女性ライターの取材による関係者の証言で衝撃の事実が浮き彫りになる。

 ヒット作「嫌な女」の著者による“女”シリーズ第3弾。タイトルこそコミカルな印象だが、母娘の絆に迫ったサスペンス長編だ。(光文社・1600円+税)

産経新聞
2017年5月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加