ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「それでも。悪くなかった。」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでもこの世は悪くなかった

『それでもこの世は悪くなかった』

著者
佐藤 愛子 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784166611164
発売日
2017/01/20
価格
842円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「それでも。悪くなかった。」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

波瀾万丈。人から見れば悲劇かもしれない、そんな人生…。佐藤愛子さんの人生はそんなふうにかなり壮絶だったようです。しかし、です。「それでもこの世は悪くなかった」…これは佐藤さんが93年生きてきたうえでの実感なのでしょう。「それでも」という接続語の響きに何とも言えない力強さを感じます。著者初の語りおろし人生論。誰もが佐藤愛子さんのようにパワフルには生きられない。けれども、著書を通じてその生き方に触れるだけでも、何だかパワーをもらえるような気がします。

トーハン e-hon
2017年4月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加