『東京日記5 赤いゾンビ、青いゾンビ。』川上弘美著、門馬則雄絵

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京日記5 赤いゾンビ、青いゾンビ。

『東京日記5 赤いゾンビ、青いゾンビ。』

著者
川上 弘美 [著]
出版社
平凡社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784582837551
発売日
2017/04/26
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『東京日記5 赤いゾンビ、青いゾンビ。』川上弘美著、門馬則雄絵

[レビュアー] 産経新聞社

 意外にも、「たいがい、ほんとうのこと」を独特のゆるさとシュールな文体でつづるシリーズ第5弾。あとがきで、「神さまが『東京日記』のために、引き起こしてくださっているのでは」というほど、今回も妙な人、もの、事態が著者の周辺でうごめく。

 たとえば表題は、よくしゃべり、料金まで負けてくれたタクシー運転手の「ゾンビの好き嫌い」話から。また、電車で乗り合わせる三つ子のおばあさんたちの動き、70歳以下はおじょうさんと呼ぶ整形外科待合室ルールなど…。

 読んで「ぷっ」と噴き出せば、一瞬幸せな気分に浸れる、かと。(平凡社・1300円+税)

産経新聞
2017年5月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加