秘密結社?「PTA」会長を務めた体験ルポ

レビュー

7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある日うっかりPTA

『ある日うっかりPTA』

著者
杉江 松恋 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784041052570
発売日
2017/04/28
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

誰もが知っているつもりでじつは分かっていなかった別世界

[レビュアー] 東えりか(書評家・HONZ副代表)

 子どものいない者、あるいは遠い昔に子育てを終えた人からするとPTAは秘密結社のように見える。子を人質にとられた親が、学校と教育委員会に労働力を捧げるようなものだ、と思っていた。

 杉江松恋はフリーランスのライターで主にミステリ小説の評論を書いている。身の丈は180センチを超し、体重は100キロオーバー。トレードマークは金髪に髭にサングラス。それなのに話し方は優しく論理的で腰が低いので、かえってその筋の人に見えてしまう。つまり、あまり関わりたくない雰囲気の人だ。

 ただ仕事柄、平日の昼間は家にいるし、好奇心は滅法強い。子どもが通っている小学校にも機会があれば顔を出していた。そんな姿でうろうろしていれば当然目立つ。意外と真面目そうだし、どうだろうということで、PTA会長として白羽の矢が立った。すったもんだはあったものの、杉江は3年間、区立桜庭台小学校のPTA会長を務めることとなった。

 サラリーマン生活も長かった杉江のこと、一般常識は持ち合わせていたが、PTAにはPTA独自の常識が存在していた。本書で挙げられたその常識はなんと35個。PTAの規則は学校によってまちまちで、統一のルールはない(常識その1)から始まり、参加は任意で(常識その3)、行政組織として「官」へ協力することがあらかじめ盛り込まれており(常識その16)、子どもの入学から卒業までしかるべき点数分の役割分担を求められる学校がある(常識その32)など、傍からは知りえないことが満載されている。

 1年目は前任者の仕事の踏襲だったが、2年目からは理不尽だと思うものは改革していく。その姿勢がかっこいい。伴走する校長とウマがあったことも大きかっただろう。

 子を介在させているとはいえ、PTAも人と人との信頼で成り立っている。あまり怖がらず、違う世界に飛び込んでみるのも面白そうだ。

新潮社 週刊新潮
2017年5月25日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加