われわれは本当に豊かになったのか

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猟師の肉は腐らない

『猟師の肉は腐らない』

著者
小泉 武夫 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784101259468
発売日
2017/03/29
価格
680円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

われわれは本当に豊かになったのか

[レビュアー] 図書新聞

 いやあ名著だった。タイトルから、最近ハヤり(?)のジビエに関する小泉氏のエッセイ集かと思ったら、さにあらず、奇想天外かつリアリティのある、抱腹絶倒かつ涙腺崩壊必至の物語であった。主要登場人物は、著者小泉氏の分身らしき男と、山に生きる「義っしゃん」と強い忠犬の「クマ」。この二人と一匹が、ほぼ全編にわたって食料を集め、飲み食いする。もしかしたら読者は、「この人たち、ずっと飲み食いのこと考えてる。嫌らしい」と思うかもしれないが、真実は逆なんだ。「なぜわれわれは、一日中ずっと、食料のことを考えないで済んでいるのか」、これこそ考えるべきことなんだ。われわれは本当に豊かになったのか。軽く読める本書のこの問いは重い。俺も義っしゃんに出会うために、酒場を巡ろう!(4・1刊、三八四頁・本体六三〇円・新潮文庫)

図書新聞
2017年5月6日号(3302号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加