井上ひさしから、娘へ 57通の往復書簡 [著]井上ひさし、井上綾

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

井上ひさしから、娘へ 57通の往復書簡

『井上ひさしから、娘へ 57通の往復書簡』

著者
井上 ひさし [著]/井上 綾 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163906294
発売日
2017/04/12
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

井上ひさしから、娘へ 57通の往復書簡 [著]井上ひさし、井上綾

[レビュアー] 週刊新潮

井上ひさしの三女・麻矢には『夜中の電話〜父・井上ひさし最後の言葉』という著書がある。今回、次女の綾が公開するのはタウン誌に掲載された互いの手紙だ。父は少年時代の思い出から病床での夢想まで、半世紀に及ぶ物書き生活の総括とも読める言葉を記している。

新潮社 週刊新潮
2017年6月1日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加