『楽園』夜釣十六著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽園

『楽園』

著者
夜釣 十六 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784480804662
発売日
2017/04/20
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『楽園』夜釣十六著

[レビュアー] 産経新聞社

 パチンコで稼ぎを散財する圭太のもとに、会ったこともない「祖父」からはがきが届く。「引き継いでもらいたいものがある」と、かつて炭鉱で栄えた村に呼ばれた圭太。そこには、失われたものをよみがえらせるという花、ウィジャヤクスマと、それを育てる奇妙な老人、政二が待っていた。

 2人で過ごし、政二から太平洋戦争の記憶を聞かされた圭太は、次第にそれが自分の記憶のような気になる。そしてウィジャヤクスマが咲くときが近づいてくる-。

 美しい光景の裏に横たわる過去の営み、先人たちの苦悩をすくいとり、紡いだ太宰治賞受賞作。(筑摩書房・1200円+税)

産経新聞
2017年5月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加