俳句という他界 [著]関悦史

レビュー

7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳句という他界

『俳句という他界』

著者
関 悦史 [著]
出版社
邑書林
ISBN
9784897098333
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

俳句という他界 [著]関悦史

[レビュアー] 週刊新潮

日本人が人生のどこかで出会う、俳句の懐かしさ。その正体をさぐる評論集だ。俳句は、自分自身をそのままに表現するものではなく、季語などの約束事を通じて自己を他者に向けて開いていく回路である。同時代の句を正面から受け止める鮮やかな読みが印象的。

新潮社 週刊新潮
2017年6月15日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加