『もっとヘンな論文』 サンキュータツオ著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとヘンな論文

『もっとヘンな論文』

著者
サンキュータツオ [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784044000981
発売日
2017/05/29
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『もっとヘンな論文』 サンキュータツオ著

[レビュアー] 塚谷裕一(植物学者・東京大教授)

 【概要】お笑い芸人であり研究者である著者が、珍テーマの論文群をテーマに、読者の笑いをとりつつ、研究というものの楽しさを紹介。読者を研究活動へ誘う。

 【材料と方法】大学の卒業論文や和文雑誌所収の論文を対象とした。テーマの可笑(おか)しさだけで選ばず、一定以上の分析や調査のされているものに絞った。著者への共感と笑いのバランスにも配慮した。

 【講評】全体に、思わず笑ってしまう出来となっていた。ただし対象論文の質にはかなり幅がある。覚え書きのようなものもある一方で、ごく正統的な論文も含まれている。例えば栗の果実サイズに関する検証論文などはその一つである。なおここで、「こんな理系的な作業までできるのに、クリの大きさに活かしてしまったか」と、研究を理系と文系に分けたのは、著者らしくない失敗だろう。しかしそのように批判的に読んでいても、つい笑わされてしまう点はさすがである。なお読者自らをも研究に誘うからには、かつての事業仕分けなどの研究の「敵」に対する対処法についても、今後、考察を期待する。

 KADOKAWA 1200円

読売新聞
2017年7月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加