むきだしのブレイディみかこ

レビュー

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花の命はノー・フューチャー

『花の命はノー・フューチャー』

著者
ブレイディ みかこ [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784480434524
発売日
2017/06/06
価格
842円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

むきだしのブレイディみかこ

[レビュアー] 図書新聞

 本書冒頭の「文庫版まえがき」だけでも読む&買う価値がある。著者は「若書き」と言うが、この底抜けのすがすがしさ、「どん底」を描いているとは思えない景気のよさは、やはりブレイディみかこの特質だったのだ。その意味で本書で読めるのは「むきだしのブレイディみかこ」である。え? そんなの読みたくない? まあ待て待て。キーワードになるのは「パンク」だ。とはいえ、「子供が大嫌いだ」だの、「おお、みかこよ、こんなこと書いて大丈夫か?」(お前誰だ)と思うフシもなきにしもあらずだが、本書の最後に「先はない。だからいま飲んでおこう。なんとかなる」とあり、ひと安心。人に歴史あり。俺も飲もう。解説を執筆したのはあの栗原康。(6・10刊、三〇六頁・本体七八〇円・ちくま文庫)

図書新聞
2017年6月24日号(3308号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加