『フォークロアの鍵』 川瀬七緒著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォークロアの鍵

『フォークロアの鍵』

著者
川瀬 七緒 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062205771
発売日
2017/05/17
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『フォークロアの鍵』 川瀬七緒著

[レビュアー] 宮部みゆき(作家)

 認知症グループホームで暮らす高齢の女性が、ある時から急に脱走を試み始める。それは決まって夕暮れで、何か切実な理由があるらしい。さらに彼女は奇妙な言葉を口にする。「おろんくち」と。この言葉に、老人たちから口頭伝承を聞き集めるためホームに通っていた民俗学研究員・羽野千夏が興味を抱いた。介護士もカウンセラーも非協力的で、当の女性とはほとんどコミュニケーションがとれない。しかし曲者揃い(くせものぞろ)の他の入居者たちと、ネットで知り合った学業放棄状態の高校生・立原大地の応援を得て、千夏は少しずつ「おろんくち」の謎を解きほぐしてゆく。

 超個性的なホームのメンバーの奇行とワガママぶりは強烈だし、母親との確執に悩む大地はウツウツだし、「おろんくち」調査はどんどん不吉な色合いを帯びてゆくし、いくらでも暗い話になりそうなところを軽やかに救っているのが千夏のキャラだ。およそ従来の女性探偵役からはかけ離れた親しみやすさと、ちょっぴり重めの体重なんか気にしない行動力。ジャムマーガリンコッペパンのようにおいしい民俗学ミステリだ。

 講談社、1500円

読売新聞
2017年7月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加