『孫正義 300年王国への野望』 杉本貴司著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孫正義 300年王国への野望

『孫正義 300年王国への野望』

著者
杉本貴司 [著]
出版社
日本経済新聞出版社
ISBN
9784532321369
発売日
2017/06/15
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『孫正義 300年王国への野望』 杉本貴司著

[レビュアー] 三浦瑠麗(国際政治学者・東京大講師)

 稀(まれ)にみる異端児、孫正義氏の伝記が出た。孫氏については、カラフルなエピソード、本人の警句や大胆なM&Aなど、話題が満載だ。とかく、同時代人を冷静に評価するのは難しい。本書はその意味で非常に手堅さを感じさせる。

 すぐに読み手を引き込んでしまう文章に載せ、なぜ孫氏が優れているのか、いかなるビジョンでビジネスをしてきたのか、天性の人たらしである孫氏がどのような奇跡的な幸運に恵まれてここまで来たのかを存分に解き明かしている。中でも興味深いのは、アローラ氏と袂(たもと)を分かった場面と、孫氏の世界観が如実に示されている「群戦略」を描いている部分である。

 この本は、要所要所で、孫氏やソフトバンクが潜(くぐ)り抜けた体験を、単に物語としてのみ語るのではなく、積極的に「解釈」しようと試みている。著者の問いが普遍的な関心に根差しているからか、カリスマ創業者率いる日本企業として、長所も短所も凝縮されて伝わってくる。さらには、異色の企業、ソフトバンクが、意外にも日本的な遺産をも引き継いでいることをくみ取れるのではないか。

 日本経済新聞出版社 1800円

読売新聞
2017年7月23日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加