よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す [著]竹中功

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す [著]竹中功

[レビュアー] 週刊新潮

お笑いの吉本興業元幹部がなぜ刑務所で教壇に? 受刑者を芸人に仕立てるのではない。久々に社会復帰する人たちが、時代や環境の変化に戸惑わないようにする研修である。「人間、誰もがやり直しがきく!」をテーマに、心を通わせるコミュニケーション術の指南本。

新潮社 週刊新潮
2017年8月10日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加