児童書 『いえすみねずみ』ジョン・バーニンガム作、谷川俊太郎訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いえすみねずみ

『いえすみねずみ』

著者
Burningham, John [著]/谷川 俊太郎 [訳]/バーニンガム ジョン [著]
出版社
BL
ISBN
9784776408031
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

児童書 『いえすみねずみ』ジョン・バーニンガム作、谷川俊太郎訳

[レビュアー] 服部素子

 ■ねずみ一家と子供の友情

 “そのいえ”には、お父さんとお母さん、女の子と男の子の4人家族が住んでいた。でも、実はもう一家族、人間に見つからないようにねずみの一家も住んでいた。そんなある日、遊んでいた子ねずみが見つかってしまい-。ねずみ一家に迫る危機! そのとき、人間の子供たちはある行動を起こす。

 作者のジョン・バーニンガムさんは、「ガンピーさんのふなあそび」や「おじいちゃん」などで知られるイギリスの人気絵本作家。鉛筆で下書きしペンでシャープな輪郭を出し、水彩や色鉛筆などで着色した豊かな表情にあふれるバーニンガムさんの絵と、「これが そのいえ…」「…このかぞくが すんでいる」といった谷川俊太郎さんのテンポの良い練達の訳が相まって、物語に引き込まれる。

 果たしてねずみ一家は、“そのいえ”に無事住み続けることができるのか?

 最後のページを開いたとき、読み進んできた子供たちはきっと、“ニヤリ”と共犯者めいた笑みを浮かべることだろう。(BL出版・1500円+税)

 服部素子

産経新聞
2017年9月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加