『しっくりこない日本語』北原保雄著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しっくりこない日本語

『しっくりこない日本語』

著者
北原 保雄 [著]
出版社
小学館
ジャンル
語学/日本語
ISBN
9784098253067
発売日
2017/08/01
価格
821円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『しっくりこない日本語』北原保雄著

[レビュアー] 産経新聞社

 「変な言葉、言葉遣いが気になって仕方がありません」という日本語学の泰斗が、数々の新語、流行語、誤って使われる慣用句、ことわざなどをチェックする。

 スマホ文化の影響か、急速に増えている略語では「基本的に…」が、例えば「基本、飽きっぽい」に、「ごきげんよう、お久しぶり」は「ごきぶり」になる。先生への「教えてくれてありがとう」など敬語の不整合に違和感も。

 「冒頭」ではない「さわり」、「住むなら都会」の意味で使われる「住めば都」など誤用例、今年話題の「忖度(そんたく)」など流行語の解説や対談もおもしろく、役に立つ。(小学館新書・760円+税)

産経新聞
2017年9月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加