現役調教師がG1二四レースを徹底解説

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競馬感性の法則

『競馬感性の法則』

著者
角居 勝彦 [著]
出版社
小学館
ジャンル
芸術・生活/諸芸・娯楽
ISBN
9784098252961
発売日
2017/03/30
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

現役調教師がG1二四レースを徹底解説

[レビュアー] 図書新聞

 ウオッカ、エピファネイアなど数々のG1馬を育成してきた現役調教師が競馬の極意を開陳。勝つことに執念を燃やす調教師だからこその視点で、平地G1二四レースと重賞レースを徹底解説。「競走馬は、短期間に同じ相手に3回競り負けるとダメ」など、馬券購入の参考になる情報満載だ。また誕生から競走馬になるまでの日々や、パドックにおける馬の見方など、競馬のイロハも分かる内容になっている。G1レースが目白押しとなる秋競馬が間もなく開幕。昨今はスマホで気軽に馬券が買えるようになり、競馬場に行ったことのないファンも増えている。しかし、“競馬感性”は現場で磨かれる。毛づや、発汗の度合いなど、一位的中の手掛かりは五感で収集するに限る。でもこれがなかなか当たらないのであった。(4・4刊、二五四頁・本体八〇〇円・小学館新書)

図書新聞
2017年9月2日号(3317号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加