気がつけばマクロ経済学の理論をマスター

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクロ経済学の核心

『マクロ経済学の核心』

著者
飯田泰之 [著]
出版社
光文社
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784334039837
発売日
2017/06/15
価格
907円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

気がつけばマクロ経済学の理論をマスター

[レビュアー] 図書新聞

 ホウホウなるほどなどと読み進めているうちに、気がつけばマクロ経済学の基幹理論をマスターできてしまうすごい本。マクロ経済学というと、普通の人は自分には関係ない難しい世界だと思いがちだが、実は実生活に一番役立つ考え方を体系化したものがマクロ経済学なのだ、と著者はその理論の展開から教えてくれる。実際の例も生活感覚に富むものを多用していて、決して学問が浮世離れしたものでないことが分かる。学生時代にマクロ経済学に触れた人なら誰しもが「こんなに簡単だったかしら」と首を傾げるだろうし、マルクス経済学しか知らない世代にはまさに目から鱗の理論となるだろう。経済学に全く興味のない人でも、ひとたび本書をひもとけば、経済学の面白さにのめり込むこと請け合いの一冊だ。(6・20刊、二五六頁・本体八四〇円・光文社新書)

図書新聞
2017年9月2日号(3317号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加