「がむしゃら」に生きろ

レビュー

10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮浪児1945‐

『浮浪児1945‐』

著者
石井 光太 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784101325378
発売日
2017/07/28
価格
637円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

「がむしゃら」に生きろ

[レビュアー] 図書新聞

 あなたは、いや、私は、最近「がむしゃら」に生きているだろうか。そう問わずにはいられない一冊。例えば自分が五歳で、身内と離別し、家を焼かれ、着ているものもボロボロになった状態で投げ出されたら、どうなるか。まあ、まずは生き延びられないだろう。しかし、その状態でしか生きることを許されなかった子供たちが「先の戦争」によって生まれた、生きさせられた。そして不幸にして少なくない子供たちが路上で死んでいった。しかし本書には不幸で暗い話ばかりが入っているわけではない。そんな状態だからこそ、一瞬の、あるかなきかの、崇高でさえある人間と人間の関係が閃光のようにきらめく。戦後七二年、私たちは「本当に」幸せになったのか。本編最後の写真を見て思う。(8・1刊、三四六頁・本体五九〇円・新潮文庫)

図書新聞
2017年9月2日号(3317号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加