【今週の労務書】『統合人事管理―グローバル化対応の法律実務』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

統合人事管理

『統合人事管理』

著者
山口 浩一郎 [監修]/統合人事管理研究会 [著]/「統合人事管理」研究会 [著]
出版社
経団連
ISBN
9784818514119
価格
3,024円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【今週の労務書】『統合人事管理―グローバル化対応の法律実務』

[レビュアー] 労働新聞社

 日本企業の解決法探る

 有志の弁護士らによる研究会がまとめた本書は、日本企業がグローバル展開するうえで直面する国際的な労務問題について、Q&A形式で解説している。実際によく寄せられる相談事例を選び、専ら日本企業の視点から、日本の労働法規を拠り所とした解決方法を考察している。

 例えば、アメリカで人材を採用し中国で働かせる場合、どこの法規が適用されるのか。契約時に合意しておけば良いと考えがちだが、現実にはそう単純に事は片付かない。

 こうした適用法規が決定されるルールとメカニズムについては、第一人者である山川隆一・東京大学大学院教授が執筆。さらに採用、赴任、労組対応などの分野ごとに、60を超える設問を取り上げている。

労働新聞
平成27年4月20日第3013号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加