『昭和の男』半藤一利、阿川佐和子著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和の男

『昭和の男』

著者
半藤一利 [著]/阿川佐和子 [著]
出版社
東京書籍
ISBN
9784487810918
発売日
2017/09/02
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『昭和の男』半藤一利、阿川佐和子著

[レビュアー] 産経新聞社

 昭和を代表する男たちの生きようと時代を、昭和5年生まれの半藤氏と、28年生まれの阿川さんが語り尽くす対談集。

 それぞれ4人を選んだ「昭和の男」は、半藤氏が終戦時の首相・鈴木貫太郎、作家の松本清張ら、阿川さんは歌手・俳優の植木等、元ヤマト運輸会長の小倉昌男ら。数々のエピソードを交えながら、その魅力、功罪などを分析する。

 人に惚(ぼ)れ、使命に殉じて生きる男気や、時代の空気を作る役割、全身で仕事に打ち込む職人肌…。丁々発止のやりとりから昭和の世界が立ちのぼる。2人の父親に関する秘話も興味深い。(東京書籍・1400円+税)

産経新聞
2017年9月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加