『ハイデガー『存在と時間』入門』 轟孝夫著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイデガー『存在と時間』入門

『ハイデガー『存在と時間』入門』

著者
轟 孝夫 [著]
出版社
講談社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784062884372
発売日
2017/07/19
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ハイデガー『存在と時間』入門』 轟孝夫著

[レビュアー] 納富信留(ギリシャ哲学研究者・東京大教授)

 20世紀でもっとも影響力のある哲学書の一つ『存在と時間』が刊行90周年を迎え、関心が再燃している。

 現在も編集中の全集で未発表資料が公刊され、この著作の成立事情やその前後のハイデガー哲学の発展が解明されている。近年の研究の進歩は目ざましいが、専門家はかえって非本来的な枝葉末節にも陥りがちである。本書はそういった反省に立って、ハイデガーが取り組んだ「存在の問い」に正面から向き合い、その概要を的確に伝えてくれる。

 難解さで有名な『存在と時間』がすぐにすっかり分かるわけではない。だが、根本的な問題を読み解く言葉に、ぐいぐいと引き込まれる。一見無縁に見えるキリスト教の背景など、著者独自の解釈も随所に盛り込まれている。

 大哲学者の主著は偶然の経緯から成立し、試行錯誤の中で上巻だけが刊行され、下巻出版はやがて断念された。その理由が明らかにされる。時を経て私たちはこの哲学書の意義に向き合っている。

 ハイデガーが問い求めたものは何か。私たちの生を「死へと関わる本来的存在」へと誘う入門書。

 講談社現代新書、1000円

読売新聞
2017年9月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加