『笑福亭鶴瓶論』戸部田誠(てれびのスキマ)著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑福亭鶴瓶論

『笑福亭鶴瓶論』

著者
戸部田 誠(てれびのスキマ) [著]
出版社
新潮社
ジャンル
芸術・生活/諸芸・娯楽
ISBN
9784106107283
発売日
2017/08/10
価格
886円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『笑福亭鶴瓶論』戸部田誠(てれびのスキマ)著

[レビュアー] 産経新聞社

 NHK「家族に乾杯」など各局で番組を持ち、老若男女に愛される「国民的芸人」の人生哲学に気鋭のライターが迫った。数々の武勇伝に彩られた生い立ちや修業時代、家族、大物たちとの交遊、番組作りの秘話などを膨大な資料、過去の発言などから紹介する。

 鶴瓶のバイタリティーの源を著者は「スケベ」と分析する。貪欲、純粋に目の前の人や物を愛することだ。誰にでも心を開き、「普通の人」の感覚を忘れず、日々勉強する姿勢…。

 「芸能人の本懐」を胸に抱き、運と縁を引き寄せる鶴瓶の生き方。著者が“最強”というのも納得だ。(新潮新書・820円+税)

産経新聞
2017年10月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加