『ロボブーマー』 菴連也著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボブーマー

『ロボブーマー』

著者
菴連也 [著、イラスト]
出版社
風濤社
ジャンル
芸術・生活/芸術総記
ISBN
9784892194375
発売日
2017/10/06
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ロボブーマー』 菴連也著

 なんて、楽しそうなんだろう。自然の中を、謎の生き物のホテルでもある恐竜(型ロボット?)がのっしのっしと闊歩(かっぽ)する。別の絵では、ロボットたちが集合写真を撮ったり、仲間の誕生会をしたり……。

 福井県生まれの著者は16年前、生まれた直後から原因不明の熱や関節炎に悩まされ、8歳で当時日本で6人しか見つかっていなかった難病「高IgD症候群」と診断された。通院や治療で心がボロボロになったときには絵を描き、空想の世界に行ってつらさを忘れた。10歳から本格的にスケッチブックを手にし、物語性を秘めたカラフルな絵が評判に。東京や京都で個展も開かれた。ポップでユーモラスで自由気まま。そんなロボットたちの活躍する世界をまとめた画文集だ。

 「2000万人に1人のボクは、絵の中で楽しく遊ぶ」。その絵の明るさに、難病に負けない頑張りに励まされる。(風濤社、1400円)(佐)

読売新聞
2017年10月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加