「単独の内面」から発せられる文学の言葉

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄と国家

『沖縄と国家』

著者
辺見 庸 [著]/目取真 俊 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784040821610
発売日
2017/08/10
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

「単独の内面」から発せられる文学の言葉

[レビュアー] 図書新聞

 目取真氏のブログ「海鳴りの島から」はここ数年見逃すことのできないメッセージだ。彼は高江のヘリパッド建設阻止、辺野古の新基地建設工事反対の最前線に身を置き続けてきたが、本書で「……肉体的にも精神的にも負担は大きい。それでも反戦・反基地の行動に参加するのは、沖縄が置かれている理不尽な状況を許せないからだ」と述べる。沖縄では米軍による事件や事故が頻発し、出撃する米軍は攻撃先の町を破壊し住民を殺傷する。目取真氏の言葉は重層する暴力発動の場から、その傷口から絞り出されたものだ。「当事者なんですよ、肉体的にも内面的にも」と辺見氏は言う。そして「単独の内面」にしか可能性はないと。目取真俊の言葉が小説そのものであることを、二人の対談はみごとに示している。(8・10刊、一九二頁・本体八〇〇円・角川新書)

図書新聞
2017年9月23日号(3320号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加