大地堂・ラ・ラ・ルー店「探偵 日暮旅人シリーズ第一作!」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大地堂・ラ・ラ・ルー店「探偵 日暮旅人シリーズ第一作!」【書店員レビュー】

[レビュアー] 大地堂・ラ・ラ・ルー店

 この本は視覚以外の聴覚、味覚、嗅覚、皮膚感覚を失い、その全ての感覚を自身の目に宿した探偵、日暮旅人の物語です。旅人は先ほども書いたように全ての感覚を目に宿していて常人には見えない匂いや味、風などを「視る」ことができます。旅人はこの特殊な目を使い依頼人の大事なものを視つけ出します。しかし旅人はなぜこのような特殊な目を持っているのでしょうか、そして謎の旅人の目的とは、ぜひ全巻通して読んでもらいたい小説です。

トーハン e-hon
2017年8月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加