福文堂書店本店「空中にふわふわと浮かびながら世界を眺めているようなそんな気分」【書店員レビュー】

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラスの靴

『ガラスの靴』

著者
エリナー・ファージョン [著]/野口 百合子 [訳]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784102200964
発売日
2017/05/27
価格
561円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

福文堂書店本店「空中にふわふわと浮かびながら世界を眺めているようなそんな気分」【書店員レビュー】

[レビュアー] 福文堂書店本店(書店員)

「大人向け、本当は怖いグリム童話」など流行りましたが、こちらは「王道・シンデレラ」です。シンデレラといえばディズニーアニメを思い浮かべると思うけど、まさにそれ! 元々は児童劇だったものを物語にしたとか。

すごくキラキラして素敵なのですよ。主人公のシンデレラ、意地の悪い継母、かしましい姉たち、気の弱い父親、どこか頼りない王子、気位の高い家来、、、。描かれるキャラクターが生き生きとして、読書というより「覗き見」をしているようなのです。

セリフの言い回しなんかが非常に良くて、これは訳者の腕ですねぇ。オチから何からわかりきっているのに夢中で読めて楽しめる素敵な本です。

キラキラしたおとぎ話の世界は現実の生活とはまるで違って、なんというのでしょうか、、空中にふわふわと浮かびながら世界を眺めているようなそんな気分になれます。

トーハン e-hon
2017年8月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加