『奇跡の島・西表島の動物たち』 鈴木直樹著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡の島・西表島の動物たち

『奇跡の島・西表島の動物たち』

著者
鈴木 直樹 [著]
出版社
誠文堂新光社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784416617663
発売日
2017/08/09
価格
3,780円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『奇跡の島・西表島の動物たち』 鈴木直樹著

[レビュアー] 服部文祥(登山家・作家)

 写真集の最後にある、水辺の倒木をゆったりと渡ってゆく片目を病んだ老ヤマネコ。落ち着きあるたたずまいと精悍(せいかん)な風貌、鋭く深いまなざし。その撮影ポイントで、著者は複数のイリオモテヤマネコの姿を捉えており、ページをめくってきた読者にもなじみの場所だ。

 だからだろう年老いたヤマネコの姿には、個体の体験だけではなく、20万年、西表島という特殊環境に適応し、生き抜いてきたイリオモテヤマネコすべてのドラマが染み込んでいるかのようだ。

 約50年前に発見され、現在でもまだ多くの謎に包まれた絶滅危惧種イリオモテヤマネコ。その生態に、専用のロボットカメラを駆使して迫ることに成功。水を泳ぐ姿、獲物を狙う目つき、ふとしたあどけない表情。知られざる野生の振る舞いがクリアな画像になり、ページごとに目を奪われる。

 誠文堂新光社、3500円

読売新聞
2017年10月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加