<東北の本棚>柔らかな思考力を養う

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそ文化人類学へ

『ようこそ文化人類学へ』

著者
川口幸大 [著]
出版社
昭和堂
ジャンル
社会科学/民族・風習
ISBN
9784812216064
発売日
2017/04/12
価格
2,376円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

<東北の本棚>柔らかな思考力を養う

[レビュアー] 河北新報

 日本人にとって卵かけご飯は普通のメニューだが、海外では「卵を生で食べるのはヘビと日本人だけ」と言われるほど、一般的ではない。本書はこうした文化の違いを調べ、比較する中で人間を探求する文化人類学の入門書だ。
 家族や親族関係は古くて新しい研究テーマだ。生殖医療が発達した現代、再び脚光を浴びている。米国では精子、卵子提供や代理出産がビジネスとして盛んだ。提供者の人種、学歴、職業などがリストアップされ「プラモデルを作るように」欲しい子どもをデザインする時代だという。
 日本でも体外受精が法的に認められているが事情はだいぶ違う。長野県のクリニックでは夫の父の精子を使った体外受精が行われ、欧米に比べて血のつながりを重視する傾向が根強いことを示す。
 結婚、宗教、観光などのトピックごとに10章を設けた。各分野で活躍した研究者を紹介し、さらに学びたい人向けにブックガイドを付けた。
 文化人類学を学べば「そうあらねばならない」と考える必然性を理解し「そうでなくとも良い」という可能性が展望できるという。本書を読むことで柔軟な思考力を身に付ける効果が期待できそうだ。
 著者は東北大大学院文学研究科准教授。
 昭和堂075(706)8818=2376円。

河北新報
2017年10月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加