人気シリーズ、有終の美『悪道最後の密命』森村誠一

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悪道 最後の密命

『悪道 最後の密命』

著者
森村 誠一 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062207485
発売日
2017/09/20
価格
1,674円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

人気シリーズ、有終の美

[レビュアー] 縄田一男(文芸評論家)

 吉川英治文学賞を受賞した『悪道』シリーズの第五弾にして、完結編である。

 物語は、江戸の町人たちが浮き立つ坩堝(るつぼ)に主家を取り潰された浪人たちが流れ込み、巷(ちまた)に闇をつくっていた明暦年間――。凄腕の浪人集団による連続辻斬り事件から幕があく。

 ところが、影将軍(本シリーズでは、五代将軍綱吉の死は秘匿され、影武者が善政を敷いている)の守護役である伊賀者の末裔・流英次郎らが、探索に当たると、これまでの辻斬りを次々と刺殺する第二の辻斬り集団が出現したことが判明する。

 そんな中、御三家の一つが自分の御家から将軍を出せないなら、御三家の地位を返上して朝廷と組み、新たな政の仕組をつくろうとしている計画があるという。

 本書のテーマは将軍継承問題というシリーズ最大のもので、当代の家宣は蒲柳(ほりゆう)の質であり、後代もその血を引いている。影将軍は、英次郎らに、徳川家系中で、今後、将軍の継嗣(けいし)として最も可能性のある、英邁中の英邁、紀州古家の影護りを命じる。

 物語は、この後、海賊船アロバトロス上での大決闘、大奥最大のスキャンダル江島生島事件、さらには、天一坊事件という山場山場の連続で、目まぐるしく展開していく。

 やがて、これらの事件は太い一本の糸でつながっていくのだが、物語のダイナミズムが発動する中、英次郎らに下された密命は、人としての情を捨てて、これまでにない非情の世界に生きること――徳川の正義を守るために、英次郎らは死体の山を築いていく。その結果、事件はようやく終息を見るが、最後の一行の何と切ないことか。

 シリーズは、有終の美を飾って幕を閉じた。

光文社 小説宝石
2017年11月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加