「招待所」という名の収容所 北朝鮮による拉致の真実 [著]ロバート・S.ボイントン[訳]山岡由美

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「招待所」という名の収容所

『「招待所」という名の収容所』

著者
ロバート・S.ボイントン [著]/山岡由美 [訳]
出版社
柏書房
ISBN
9784760148868
価格
2,916円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

「招待所」という名の収容所 北朝鮮による拉致の真実 [著]ロバート・S.ボイントン[訳]山岡由美

[レビュアー] 週刊新潮

著者はノンフィクション論が専門のニューヨーク大教授。本書は拉致問題をアメリカ国民に伝えるために書かれた。蓮池薫氏など当事者の証言と、背景となる歴史的経緯を交差させながら日本人拉致の実態を探っていく。膠着状態の今だからこそ、意義のある一冊だ。

新潮社 週刊新潮
2017年10月26日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加