『愛されすぎたぬいぐるみたち』 マーク・ニクソン著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛されすぎたぬいぐるみたち

『愛されすぎたぬいぐるみたち』

著者
Nixon, Mark [著]/金井 真弓 [訳]
出版社
オークラ
ISBN
9784775526699
価格
1,836円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『愛されすぎたぬいぐるみたち』 マーク・ニクソン著

[レビュアー] 青山七恵(作家)

 表紙カバーに写る色褪(あ)せたクマのぬいぐるみを一目見た瞬間、タイトルの「愛されすぎた」の意味がよくわかる。変色し、腕の毛は剥がれ、お腹(なか)には縫い目が見えるこのぬいぐるみの名はピンク・テディ。持ち主のアシュリンが生まれた年から24年間ずっと一緒だ。

 ピンク・テディのように「愛されすぎた」ぬいぐるみを集めたこの写真集、なんといってもぬいぐるみたちのくたびれ具合が素晴らしい。とれかけの腕、潰れた鼻、はみだした詰め物……全て持ち主の涙やよだれを際限なく吸いこみ、頬ずりされ、抱きしめられてきた長い愛(と苦難?)の時間の顕(あらわ)れだ。ヨレヨレ、クタクタのぬいぐるみたちのなんと誇らしげなこと! 最後のページに仕掛けられた写真家からのちょっとした贈り物も、なんだか嬉(うれ)しい。金井真弓訳。

 オークラ出版 1700円

読売新聞
2017年10月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加