<東北の本棚>復興に尽くす重機 描く

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

のっぽのスイブル155

『のっぽのスイブル155』

著者
こもりまこと [著、イラスト]
出版社
偕成社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784033325002
発売日
2016/01/05
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

<東北の本棚>復興に尽くす重機 描く

[レビュアー] 河北新報

 東日本大震災の被災地、名取市の名取川に架かる閖上大橋の復旧工事に当たった水陸両用ブルドーザーがモデル。国内建設機械メーカーがかつて製作した無線操縦の重機で、震災時に残っていた5台のうち1台が利用された。
 作品の主人公は何年もガレージで眠るさびだらけの「スイブル155」。大きな地震が発生した後に工場で新品同様に修理され、被災した橋の工事現場に連れて行かれる。川の中に飛び込むと自分の力を呼び覚まし、生き生きとした表情を見せるのだった。
 縁の下の力持ちとして復興に尽くす姿を描くストーリーは示唆に富む。映画のスクリーンを思わせる絵はぬくもりを感じる。
 著者は京都府綾部市生まれ。「バルンくん」シリーズなど自動車に関する絵本を手掛ける。
 偕成社03(3260)3221=1512円。

河北新報
2017年10月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加