裏ブルーノート [著]若杉実

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

裏ブルーノート [著]若杉実

[レビュアー] 週刊新潮

なにを聴くかよりも、どう聴くかを大切にする著者。まるでジャズの即興演奏のような、変幻自在のジャズ評論集だ。たとえば、コルトレーンは「限りなく透明に近いブルース」であり、ホレス・シルヴァーのピアノは任侠劇や親鸞の教えに喩えながら語られていく。

新潮社 週刊新潮
2017年11月2日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加