『鴛鴦 福田俊司写真集』 福田俊司著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鴛鴦(おしどり)

『鴛鴦(おしどり)』

著者
福田俊司 [著]
出版社
文一総合出版
ISBN
9784829979112
発売日
2017/09/11
価格
3,996円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『鴛鴦 福田俊司写真集』 福田俊司著

[レビュアー] 塚谷裕一(植物学者・東京大教授)

 オシドリ(鴛鴦)と言えば、条件反射的に夫婦という言葉が続く。またその絢爛(けんらん)たる彩りは、日本画の題材として古くからお馴染(なじ)みだ。その分オシドリは、実物よりイメージが先行してきた感が強い。

 この写真集は、そのように手垢(あか)の付いたイメージを軽く拭い去る。ここに捉えられたオシドリたちの目には、意思がある。力を感じる。そして素直に美しい。

 撮影者はシベリアに棲(す)むアムールトラの、野生の姿の撮影に成功したことで名高い。それだけに本書のオシドリたちは、日本庭園の小さく静まった池を飾るような、ちんまりした存在ではない。日本の渓流で、大陸の奥地で、生き延び繁殖しようとする存在だ。

 そのため一千羽以上の群れが暮らしていても、目視できるのはそのうち百羽程度だという。それほど警戒心の強い野生の鳥を、ここまでシャープに捉え得たこと自体、驚きである。全ての野生動物好きにお勧めする。(文一総合出版、3700円)

読売新聞
2017年10月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加