『いとも優雅な意地悪の教本』橋本治著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いとも優雅な意地悪の教本

『いとも優雅な意地悪の教本』

著者
橋本 治 [著]
出版社
集英社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784087208993
発売日
2017/09/15
価格
821円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『いとも優雅な意地悪の教本』橋本治著

[レビュアー] 産経新聞社

 意地悪とは何か-。古典文学から現代映画まで、芸術に幅広い知識をもつ著者が、樋口一葉や夏目漱石、メリル・ストリープらが作品のなかに仕掛けた意地悪の技術と、その効用を解説した。

 単なる悪口や暴力とは違い洗練さを必要とするため、意地悪は人間関係を円滑にすると説く。学校教育に悪口を言う練習を導入せよとの極論も。

 〈私の書いたもののなかで、最も内容のないもの〉と意地悪く記すが、ネット上で悪口があふれ、ヘイトスピーチが蔓延(まんえん)する現代社会の生きにくさ、攻撃的な部分を緩和する方策が示されている。(集英社新書・760円+税)

産経新聞
2017年11月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加