『全国棚田ガイド TANADAS』 中島峰広監修 NPO法人棚田ネットワーク編

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国棚田ガイド TANADAS

『全国棚田ガイド TANADAS』

著者
NPO法人棚田ネットワーク [編集]/中島峰広 [監修]
出版社
家の光協会
ジャンル
産業/農林業
ISBN
9784259547639
発売日
2017/09/26
価格
2,700円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『全国棚田ガイド TANADAS』 中島峰広監修 NPO法人棚田ネットワーク編

[レビュアー] 清水克行(日本史学者・明治大教授)

 山や谷の斜面に階段状に造られた水田を「棚田(たなだ)」と呼ぶ。「失われゆく風景」として1990年代から話題になり始め、SNS全盛の今、“インスタ映え”を求めて、多くの若者までもが全国各地の棚田に足を運ぶようになっている。

 「千枚田」と言われる不整形な畦畔(けいはん)が無数に重なり合って続く光景はそれだけでも壮観だ。まして、その背後に数百年にわたってそれを耕し続けた無名の先人たちの営為があることを思うと、胸も熱くなる。

 本書は全国212の棚田を網羅したガイドブックだが、解説文の情報量と風景写真の大きさのバランスが程よく、棚田ガイドの決定版と言うべき仕上がりだ。各地で行われている棚田を活用した“村おこし”も紹介され、稲作体験やライトアップ、棚田カフェなどの情報も載っている。本書をもとに早々と春の旅行の計画を立ててみてはいかがだろうか? (家の光協会、2500円)

読売新聞
2017年11月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加