歴史には、現在につながる伏線が必ずある

レビュー

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働者階級の反乱

『労働者階級の反乱』

著者
ブレイディみかこ [著]
出版社
光文社
ジャンル
社会科学/政治-含む国防軍事
ISBN
9784334043186
発売日
2017/10/17
価格
886円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

歴史には、現在につながる伏線が必ずある

[レビュアー] 図書新聞

 まごうかたなき名著である。アメリカでもイギリスでもオーストリアでも日本でも同じことが起こっている、という言い方がある。一方、「いや、その違いは無視できない」とする意見もある。例えば、本書に「英国にはトランプのような首相は誕生しない」という節があり、著者はそれを論証していく。まったくうらやましい限りだ。「第Ⅱ部 (1)40年後の『ハマータウンの野郎ども』」は、著者にしか書けなかっただろう。また、「第Ⅲ部 英国労働者階級の100年」は圧巻の一言。「歴史には、現在につながる伏線が必ずあるのだ」、そして「我々の未来が100年前にあったかもしれない」との一文で本書は終わる。かなり真面目な筆致だが、読後、間違いなく元気が出る一冊。(10・20刊、二八四頁・本体八二〇円・光文社新書)

図書新聞
2017年11月4日号(3325号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加