国民的詩人とはなにものか

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレヴェール詩集

『プレヴェール詩集』

著者
プレヴェール [著]/小笠原豊樹 [訳]
出版社
岩波書店
ISBN
9784003751718
価格
907円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

国民的詩人とはなにものか

[レビュアー] 図書新聞

 「国民的詩人」という呼び名は、おそらく優れた作家を言い表しているのだろうが、きっと別のニュアンスもその言葉に含まれていると思う(あのランボーやブルトンは「国民的詩人」だろうか?)。本書は、パリ解放直後に刊行された詩集『ことば』でベストセラー詩人となり、名作映画『天井桟敷の人々』『霧の波止場』の脚本を手掛けるだけでなく、『枯葉』などのシャンソン作詞家としても活躍したジャック・プレヴェールの選詩集。輝かしい数々の文学的・文化的業績もさることながら、その詩は非常に親しみやすく、決して難しいものではない。小笠原豊樹の訳業も相まって、この言葉の優しさ・温かさが国民的(=人間的)と呼ばれる理由であろう。日本の「国民的詩人」谷川俊太郎の解説も収録。(小笠原豊樹訳、8・18刊、三〇四頁・本体八四〇円・岩波文庫)

図書新聞
2017年11月4日号(3325号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加