『モチベーション革命』 尾原和啓著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モチベーション革命

『モチベーション革命』

著者
尾原和啓 [著]
出版社
幻冬舎
ISBN
9784344031821
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『モチベーション革命』 尾原和啓著

[レビュアー] 柳川範之(経済学者・東京大学教授)

 働くモチベーションが、世代によって大きく異なると感じている人は少なくないに違いない。

 出来るだけ稼いであれもこれも買いたいと考えていた世代に比べると、下の世代は、現状にある程度満足で、そこまでのやる気がもてない。

 本書は、そんな下の世代をネガティブにとらえるのではなく、むしろ、好きなことに没頭できる世代、仕事の成果よりも意味合いを重視する世代と評価する。そして、その世代ならではの、チームのつくり方や、セルフマネージメントの仕方を説く。

 どちらかといえば、若い層をターゲットにした本だが、その内容は、上の世代にとっても有益なのではないか。

 なるほどやる気がないだけにみえる彼らは、こんなところに熱意をもつのか、という気づきがあるに違いない。やる気を引き出すためのヒントも見つかるだろう。

 現在はバリ島に住んで、ときどき日本等(など)で仕事をしているという著者のライフスタイルもユニーク。こんな人だからできることと思いがちだが、本当に自分には無理かと問いかけるのも大事かもしれない。

 幻冬舎 1500円

読売新聞
2017年11月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加