国家がなぜ家族に干渉するのか 法案・政策の背後にあるもの [編著]本田由紀、伊藤公雄

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国家がなぜ家族に干渉するのか

『国家がなぜ家族に干渉するのか』

著者
本田 由紀 [著、編集]/伊藤 公雄 [著、編集]
出版社
青弓社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784787234216
発売日
2017/09/30
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

国家がなぜ家族に干渉するのか 法案・政策の背後にあるもの [編著]本田由紀、伊藤公雄

[レビュアー] 週刊新潮

家庭教育支援法案、親子断絶防止法案、さらに内閣府が進める婚活支援政策。いずれも家庭や個人生活に、国家が大きく介入しようとする動きだ。その違和感や不安感の正体を見極め、議論の材料を提供してくれるのが本書だ。支援という名の強要は誰も望まない。

新潮社 週刊新潮
2017年11月23日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加