【児童書】『2ひきのねこ』宇野亞喜良作

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2ひきのねこ

『2ひきのねこ』

著者
宇野亞喜良 [著]
出版社
ブロンズ新社
ISBN
9784893096395
発売日
2017/11/09
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『2ひきのねこ』宇野亞喜良作

[レビュアー] 服部素子

 日本を代表するイラストレーターで、幻想的な少女絵で知られる宇野亞喜良(あきら)さんが、愛猫の実話を元にした描き下ろし絵本。

 主人公は、赤ちゃんのときに、ももちゃんの家にやってきたオス猫の「ボンボン」。ボンボンとももちゃんはいつも一緒。お昼寝をし、大好きな木の上に登り、おやつの3時にも…。

 でも、ある日、「さばくの すないろの おにぎりみたいな ちっちゃい すなこ」がやってくる。ももちゃんはすっかり、すなこに夢中。寂しくて、やるせなくて、泣きたい気分のボンボン。「ぼく、ここにいるのに…」

 そんなボンボンの心の動きを宇野さんは、上目づかいや、まっすぐ見つめる目、大きく見開いた目などで描写していく。ボンボンはもう一度、ももちゃんに見つめてもらうことができるのか?

 切なさを共有しながら本書を読み終えたとき、子供たちは、妹や弟ができたときのことを思い出し、ちょっぴり大人の気分になっているかもしれない。(ブロンズ新社・1400円+税)

 服部素子

産経新聞
2017年12月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加