【写真集】『follow me ふゆのきつね』井上浩輝

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【写真集】『follow me ふゆのきつね』井上浩輝

[レビュアー] 篠原知存(産経新聞 文化部編集委員)

 ■風景も動物も美しく

 夕暮れを迎えた空が薄桃色に染まって、その光を受けた雪原も淡い色を帯びてゆく。ふたつを隔てるのは、どこまでもまっすぐな地平線。まるで抽象絵画のような広大な風景の中を、キタキツネが走っていく。自然の雄大さと過酷さ、そして恩寵(おんちょう)を感じさせてくれる一枚だ。

 北海道出身で、ナショナルジオグラフィック誌の「トラベル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」のネイチャー部門で1位を受賞した写真家がキタキツネを追った作品集。

 作者は、風景写真に取り組むうち〈被写体は次第に、風景から神出鬼没な彼らに移っていった〉と記している。美しい風景写真が好きな人にも癒やし系の動物写真が好きな人にもおすすめできる。

 一見するだけではドキュメンタリー的な要素はあまり感じられないが、挿入された文章を読んで、じっくりと写真と向き合えば、北海道にすむキタキツネが〈人間社会の辺縁、あるいは自然との境界上にくらしている〉独特な“野生”動物だということもわかるだろう。(日経ナショナルジオグラフィック社・2000円+税)

 篠原知存

産経新聞
2017年12月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加