愛と狂瀾のメリークリスマス [著]堀井憲一郎

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか

『愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか』

著者
堀井 憲一郎 [著]
出版社
講談社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784062884013
発売日
2017/10/18
価格
907円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

愛と狂瀾のメリークリスマス [著]堀井憲一郎

[レビュアー] 週刊新潮

思えば不思議な現象だ。キリスト教徒でもない日本人が、毎年キリスト降誕祭に大騒ぎするのだから。コラムニストの著者は調査の結果、これぞ「日本人ならではの知恵」だという。戦国時代から現代まで、500年に及ぶ日本人とクリスマス祝祭の関係が明かされる。

新潮社 週刊新潮
2017年12月14日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加